■メールでのお問い合わせはこちらまで 
 会社沿革

昭和 16年
5月
大熊政雄、東京市日本橋区小伝馬町1-5に資本金20万円をもって、
三報興業有限会社を創立し、工業用ゴム製品製造販売を開始する。

22年
東京都墨田区向島寺島1-89所在のベークライト工場を買収、新規部門を開設。
業界に率先し平和産業としてベークライト製品、電気部品等の製造を行うもの
の、一般用ゴム製品の需要活況に伴い、同工場を解散、工業用ゴム製品、
板エボナイト製品の販売に専心する。
23年
9月
資本金100万円に増資、株式会社に組織変更、三報ゴム株式会社と称す。
28年
1月
大阪市に営業所を開設、関西地区の販売拡充。
44年
10月
資本金1,600万円に増資。
46年
3月
大阪営業所新社屋落成。
5月
栃木工場第1期工事完了し、操業を開始、水道用ゴム輪の製造を始める。
6月
栃木工場が日本水道協会検査工場の認定を受ける。
7月
一般建設業(塗装工事業)の許可票を東京都知事より得て、
従来よりの設備関係の営業を拡充する。
50年
9月
資本金を2,400万円に増資。
51年
1月
本社にコンピューターを導入し、事務合理化を計る。
52年
12月
栃木工場、水道用ゴムで日本工業規格表示許可工場となる。
58年
7月
資本金を4,800万円に増資。
60年
2月
大熊政雄が会長に、大熊正和が社長に就任する。
62年
12月
本社新社屋三報ビルディング竣工。
平成 元年
8月
不動産管理部門を三報株式会社として独立する。
7年
4月
経理事務のコンピュータ化を実施する。
15年
5月
大阪営業所、大阪市西区に移転する。
17年
6月
ISO9001:2000 (本社・栃木工場)認証取得
<適用範囲>本社営業部・栃木工場
「水道用ゴム製品の設計・開発、製造及び販売」
7月
一般建設業(土木工事業、とび・土工工事業、石工事業、鋼構造物工事業、
塗装工事業、しゅんせつ工事業、水道施設工事業)の許可を東京都知事
より得る。
19年
6月
ISO9001:2000 (大阪営業所)認証取得
「水道用ゴム製品の設計・開発、製造及び販売」
23年 6月 SO9001:2008 (全社) 認証更新
27年 2月
大熊正和が会長に、野口浩之が社長に就任する。

2008 SANPOGOMU Co,Ltd. All right reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】